イマージョン教育への挑戦 - ワイズプリスクール



スプリングキャンプ2010 「宮澤賢治を訪ねて」の旅を終えて


GW(学童ワイズ)では、毎年夏休みにキャンプを実施して参りましたが、今回は初の試みとして、春休み期間中にスプリングキャンプを企画してみました。

また同時に、初めてキャンプの目的として「宮澤賢治を訪ねる」旅というテーマ性を持たせてみました。そして、参加する子どもたちには「賢治の作品を必ず読んでくる」という宿題が課されました。

旅にテーマを持たせると、子どもたちの中にも目的意識が芽生え、旅自体が非常に有意義になった、というのが今回のキャンプを終えての印象です。

「宮澤賢治記念館」や花巻農業高等学校「羅須地人協会」の見学などはいい例で、通常のフィールドトリップだったら、子どもたちは退屈してしまうような施設なのですが、このように目的意識が明確ですと、逆に意欲的にパネル展示の年表や写真などを読み込んで、熱心に見学している姿が見られました。

そういう意味で、今回の岩手キャンプは非常に素晴らしいものとなりました。

旅の様子については、こちらのブログからご覧ください。↓↓↓↓↓

GW学童ワイズの記録」


ということで、次回、夏のキャンプについて、現在漠然とですが、以下のように考えています。

◎サマーキャンプ2010・その1「サマーキャンプinいわき」
→1泊2日のキャンプ。親元を離れて1泊しながら、自分の身の回りの始末を自分で行うことを学ぶ。1年生や初めてキャンプに参加する初心者向き。

◎サマーキャンプ2010・その2「サマーキャンプinあおもり」
→2泊3日の旅で、「三内丸山遺跡」を見学。縄文時代の扉を叩いてみたいと思います。ついでに原子力発電や核廃棄物の問題など日本のエネルギー問題についても触れられたら最高です。

詳細は、後日あらためてご連絡させていただきます。
[PR]
by ysdirector2005 | 2010-03-27 23:56 | 学童 ワイズ
<< 「能動的なあそび」と「受動的な... AKクラスの閉講について >>


YPK/YIS 代表日記
More YPK Blogs
カテゴリ
タグ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧