イマージョン教育への挑戦 - ワイズプリスクール



<   2006年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧


プリスクールのホームページの改装工事が終了しました!


前よりはちょっとは見やすくなったのでは?と自負しておりますが、いかがでしょうか?

こちらからお入りください(直接プリスクールのページへジャンプできます)。

いろいろな方から教えていただきながら、何とか改装が終了しました。

来年度のプリスクールは、幼稚園に通っていらっしゃるお子様に通園していただける午後のクラス(アフターキンダーガーテン)や1才半~2才の小さいクラス(トドラー)がスタートします。外国人専任講師も2名になって、スクール全体が少しずつ充実してきています。

これにともなって、クラスや保育・授業時間などのご案内が複雑でわかりにくくなってはいけないと思い、なるべくわかりやすく表示するよう努力しました。

また、「プリスクール日誌」も合わせてご覧になっていただけると非常に嬉しいです。私たちのこの一年の軌跡が凝縮されています。

お近くの方、ご興味をお持ちいただけた方には、ぜひご見学いただければ幸いに存じます。見学会は、毎週火曜日、午前9時半から11時半です。あらかじめお電話・メールにてお問い合わせ下さい。
[PR]
by ysdirector2005 | 2006-01-24 17:59 | プリスクール&キンダーガーテン

世界に一つだけの教材

おかげさまで、昨年末あたりから、新年度ご入学希望のお問い合わせが、徐々に増えてきつつあります。すでにご入学のお手続きをいただいた方も何名かいらっしゃって、そのような中、ある保護者さまから、教材についてのご質問をいただきました。

「通年使用のテキスト等はないのか」というお尋ねです。確かに、お母さまにご見学いただいたプリスクールでは、私たちは、いわゆる紙に印刷された教材(テキスト)というのは使用しておりません。

教材は、教師が手作りで準備するか、或いは子どもたちが自ら作り、使用しています。特に幼児さんの場合、身の回りにあるものすべてが教材となり得ります。そういう意味で、紙以外の教材が十分身の回りにあふれているのです。

従来の英会話スクールでしたら、教材は必ず付き物です。また年間授業計画も、たいていがそれらの教材に基づいて立てられていると思います。

ですから、英会話スクールのようなものを想定してお越しいただいたお母さまには、教材(テキスト)がないということが、少し不安に感じられたのかと思います。

現在、プリスクールの子どもたちは、「MY ABC BOOK」を制作しています。

e0060611_3412972.jpg


一年をかけて作る、たった一冊の自分だけのアルファベットの本です。4月、おぼつかなかったマーカーの筆致も、4才を迎え、就園を目前にした今では、比べることも出来ないくらい堂々と、そして正確に線を描いています。

3月に本が完成し、改めて最初から見直せば、お子様の成長の証が随所にうかがわれ、本人にもそしてご両親にもまたとない良い思い出となってくれるのではないでしょうか。

そんな、ご家族の嬉しそうなお顔を想像しつつ、私たちは日々教材作りに励んでいるのです。
[PR]
by ysdirector2005 | 2006-01-19 21:36 | プリスクール&キンダーガーテン

新年のご挨拶

みなさま、新年あけましておめでとうございます。

旧年中は、様々な出会いがあり、そしてそのひとつひとつがすばらしいものでした。

昨年4月には、3才児さん2名とともにプリスクールを開校しました。その後、キンダーガーテンの土曜日クラスや、プレプリスクールなど、徐々に開講クラスも増えてきつつあります。

そして今年からは、幼稚園児さん対象のアフターキンダーガーテンや、小学生対象のイマージョンプログラムもスタートします。

2005年度は、言うなれば「プロトタイプ」の年でした。

理念や理想を語ることは簡単ですが、もっと具体的な部分、すなわちそのような理念・理想を実現するためのより明確な「装置」という部分に関しては、2005年、まだまだ漠然としたところが多い状態でした。

とにかく初年度を一通り流してみないことには、具体的なところでの明確なビジョンが見えてきませんでした。

開校以降、毎月の保護者懇談会や個別にいただくご相談、そして外国人教師との毎週のミ-ティングを通じて、直面した問題には臨機応変に対応し、その都度新しい方法を試行錯誤して参りました。

そして、そこから本当にたくさんのことを学んでいます。まだまだ勉強不足なところも多いのですが、「自ら学ばない者に教える資格はない」が私のモットーです。今年も貪欲に学び、良いものは取り入れ、好ましくないものは削ぎ落とし、私たちのプログラムを更に磨き上げていきたいと考えております。

ですから、2006年は本当の意味での「スタートの年(設立の年)」となると捉えています。

初年度のようにバタバタとすべてにおいて追われてしまうことのないように、今年はしっかり見通しを持った運営をしていきたいと思います。

できる限り多くの方々に当スクールの存在を知っていただき、そして趣旨をご理解いただけるよう全力を注いで参りたいと思います。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
[PR]
by ysdirector2005 | 2006-01-02 08:30 | ビジネス


YPK/YIS 代表日記
More YPK Blogs
カテゴリ
タグ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧