イマージョン教育への挑戦 - ワイズプリスクール



<   2007年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧


YPK 英語イマージョンサマープログラム


すこし気が早いのですが、夏のお知らせです。

この夏、福島市にて、ワイズプリスクールアンドキンダーガーテンの出張講座を実施いたします。

今年度の4月から7月までのプリスクールプログラムを、そっくりダイジェスト版で、福島市のお子さま方に体験していただこう、という企画です。

わたしにとって福島市は、郡山市でスクールを始めるまでの7年を過ごした、思い出のある土地です。とても自然の美しい街で、わたしは特に、渡利大橋から見る花見山の景色が四季を通じて大好きでした。

小鳥の森や四季の里で、幼かった息子たちと一緒にあそんだことも忘れられません。また、その後のわたしの仕事に関して、決定的な道しるべを与えてくれたところでもありました。

そんな福島市にちょっとでも恩返しがしたい!!ということで、今回の福島行きが決定いたしました。

もちろん、西ノ内校でも夏休み企画を考えておりますので、郡山市のみなさんもお楽しみに。

【YPKサマープログラム概要】 
■開 催 日: 8月2日(木)~10日(金)の8日間 ※5日(日)はお休みです。 
■時   間: 9:00~14:00
■開催場所: コラッセ福島 (福島県福島市三河南町1番20号 TEL024- 525-3910)
■対象年齢: 3 ・ 4才 (2才児および5才児はご相談ください)
■授 業 料: 31,500円(教材・保険料・おやつ代込)
■授業内容: ワイズプリスクールのカリキュラムに基づいて作成されたプログラム(詳細についてはお問合せください)
■講師について: ネイティブ講師2名、日本人講師1名、保育士1名
■お問合せ先: ワイズプリスクールアンドキンダーガーテン
          福島県郡山市西ノ内1-11-11
          TEL 024-938-0474

【その他のプログラムについて】
期間中、小学生向けのいくつかの特別プログラムも予定しております。詳細については上記のお問合せ先へご連絡ください。
[PR]
by ysdirector2005 | 2007-03-31 15:55 | プリスクール&キンダーガーテン

UGM


みなさま、UGMという団体をご存知でしょうか?

私も、つい先日その存在を知りました。

UGMとは、"Unbidden Group Maits"(原文のまま) の略で、「依存しないグループの仲間たち」という名称のボランティア団体です。

2004年にいわき市で設立されたこのボランティア団体、非常にユニークなのは、この団体が、完全に学生の手によって運営される、学生のためのボランティア団体であるということです(団体化の際は”大人に助けてもらった”ようですが)。

下は中学生から、上は25才くらいまで、と記憶しています。

少し前、郡山市のビッグパレットで、県主催のふくしま地球市民フェスティバル2007が開催されたとき、たまたまこの団体の代表の高野さん(高2)とお話させていただきました。この日は、総勢100名くらい(!)の若者が、裏方として、このフェスティバルを支えてくれたそうです。

これだけの人数の中高生が、自らボランティアに立ち上がって、ほんとうに活き活きと働いていたことに非常に感激しました。

「ボランティア」という言葉に、どこか「とっつきの悪さ」や「堅苦しさ」を感じてしまいがちですが、ここまで自然体にボランティアを楽しむ若い人たちを見て、とても清々しい気持ちになりました。

そして、ちょっぴり忘れかけていた「純粋な心」を思い出させてくれたこの子たちを、何だかものすごく応援したい気持ちになりました。
[PR]
by ysdirector2005 | 2007-03-31 00:04 | プライベート

2年目は、突っ走った


ワイズプリスクール2年目が、今週で終了しました。

まさに怒涛の2年目。

4月、リネット先生の帰国のため、入園式が遅れました。ゴールデンウィークも間近にひかえた4月24日、新入園児を含め13名の園児さんとともに、西ノ内校がスタートしました。

途中、本当にいろいろありました。(すごく大雑把な物言いで申し訳ありません。恐れながら、ここに逐一書くことはできません。)

それでも今年度を俯瞰しつつ回顧すれば、この一年に起こった問題のすべては、ひとえに「ワイズをよりよいものにしていこう」という保護者さま方の思いであり、代表である私の思いに起因するものに他ならない、と思うのです。

強く期待するからこそ、思い入れが大きいからこそ、情熱的に取り組むからこそ、様々な事象に問題性をはらませてしまう・・・こんな風に抽象的にしか書けないのが恐縮ですが、読み手の皆さまに、少なからずお察しいただけることを願います。

でもそれは、私や先生方・スタッフのみならず、保護者さま方も含め、みんながワイズを愛しているからだと思うのです。こんなに人様に愛される「子ども」を産めたことを、私自身、今とても誇りに思っています。

とにかく突っ走った一年だったので、今にして思うと随分とたくさんのものを道の途中に落としてきてしまったような、そんな気持ちのする一年でもありました。

この春休み、拾えるものは拾いつつ、今年度を振り返って、新年度につなげて行きたいと思います。

新年度は先生・スタッフが増える分、私はこれまで手を廻せなかった分野にまで手を伸ばし、スクールの土台固めに全力を投球できそうで、今からワクワクしています。

この代表ブログも、今年度かなりご無沙汰の連続でしたので、新年度は「毎日更新」を目標に、運営のこと以外にも、プリスクールの子どもたちの様子を代表の視点からお伝えしていきたいと思いますし、また私個人のプライベート面でも、一人の母親として思うところを綴っていけたら素敵だなと思っているところであります。

新年度も、気持ちも新たに、更にグレードアップして、とことん走り抜けたいと思っております。

ただ一つ、開校以来変わらないことがあります。それは、ワイズが、暑い夏の日も、寒い冬の日も、台風の日も、穏やかな日も、毎日、毎日、子どもたちのキラキラと輝く笑顔のためだけに、汗をかきかき、真剣勝負で頑張っていることです。

これはワイズにかかわるすべての大人に共通している思いです。先生方・スタッフ一同も私の誇りです。

2006年度、ワイズにご賛同くださり、応援してくださったみなさま、本当に、本当にありがとうございました。

そして、2007年度もどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by ysdirector2005 | 2007-03-25 13:18 | プリスクール&キンダーガーテン


YPK/YIS 代表日記
More YPK Blogs
カテゴリ
タグ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧