イマージョン教育への挑戦 - ワイズプリスクール



<   2007年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧


夏至とサマータイム


もうそろそろ日付が変わってしまう時間ですが、今日あたりが夏至です。(あいにくの雨ですが。)

ご存知のとおり、夏至とは、北半球では、一年中で昼の時間が最も長く、夜の時間が最も短い日を指します。

そして、毎年夏至の頃になると、必ず話題に上るのが「サマータイム」です。

日の出の早い夏の期間、時刻を1時間早めて、それにあわせて生活する制度である「サマータイム(夏時間)」は、欧州・ロシア、南北米、豪州やアフリカ大陸の一部など、世界中で広く取り入れられています。なんと、日本でもかつて導入されたことがあるようです。

実際、カナダでは、この時期は、午後10時頃まで太陽が沈みません。人々は皆、明るい太陽の下(日本でいうと、夕方の4時くらいの明るさの中)、屋外でバーベキューを楽しんだり、洒落たレストランで外食を楽しんだりする様子が見られました。

欧米のように緯度がそれほど高くない日本は、7時頃にはすでに日没を迎えてしまいます。「お酒は辺りが暗くなってから」という感覚があった私は、明るいテラスでビールやワインを傾ける人々に、どうも違和感・・・というか、落ち付かない感覚を感じたのを記憶しています。

また、子どもたちが、煌々と太陽が照る中、パジャマ姿で ”Good night, Kimie!” と言って、ベッドへ行く姿も、なんだかヘンな気持ちがしていました。

この「サマータイム」、日本で再び導入されれば、外食産業などではかなり経済効果が得られるのではないかと思われます。

また、お父さま方が、1時間早く帰宅すれば、家族の間にもゆとりが生まれ、団欒のひとときを過ごすことが可能になるかも知れません。

ただ、その一方で、勤勉な日本人のことですから、「日が暮れるまで・・・」と言って、あと1時間余計に残業してしまうのでは?というような感じもします。

みなさんは、どのようにお考えになりますか?
[PR]
by ysdirector2005 | 2007-06-21 23:23 | プライベート

「クラスルーム・ルール」を学ぶ(1):サイン(掲示板)の活用


e0060611_91436.jpg「クラスルーム・ルール」とは、お友だち同士、集団生活を行う上で守るべき大切な決まり事を指します。

たとえば、教室内を走らない、棚に上らない、水を大切に使う、お友だちを押したりたたいたりしない、などなど。

これらの大切な決まり事を、どのように子どもに知らせていったらよいのか。

ただ頭ごなしに「ダメダメ」を連発しても、うまくいかないことがほとんどです。当然に正しいやり方とは言えません。

そこで、最近のスクールでの先生方の工夫を、少し紹介したと思います。



まず、「サインの活用」という工夫について。

「サイン(掲示板)」というのは、視覚に訴えるという点で、子どものしつけに非常に有効です。

思えば、私たち人間の社会は「サイン」にあふれています。道路標識にはじまって、スーパー、病院、駅、ホテル、どこへ行ってもたくさんの「サイン」を目にします。逆に、人間社会はこれら無数の「サイン」によって成り立っているといっても過言ではないくらいです。

ですから、このことは子どもの世界でも同様のことなのです。

ライブラリースペースの本棚は、大人の膝丈程度の低さなので、子どもたちもついつい上ってしまいたくなる高さです。先生方は、その都度「上らないでね」と声掛けしますが、子どもはすぐに忘れてしまうので、また上ります。先生はまた注意します。

ところが、スペースの壁面に "No standing or sitting on the shelf" の「サイン」を掲示したとたん、この堂々巡りは、見事ピタリと止みました。

子どもが何度注意しても同じことを繰り返してしまうのは、単純に、注意されたことを忘れてしまうからです。あるいは、その瞬間の「やりたい!」気持ちに勝てない。

でも、それらの「サイン」を見れば、子どもたちはすぐに思い出して、非常に素直に従います。大人も、「サイン」を利用して注意の喚起がしやすくなります。

現在では、棚に上ってしまう子どもはほとんどいなくなりました(それでもやはり、たまには上りたくなってしまうこともあるようですが)。

同様の「サイン」は、カメックスの水槽、トイレ、先生方の棚など、スクール内のいろいろなところで有効活用されています。
[PR]
by ysdirector2005 | 2007-06-13 11:54 | プリスクール&キンダーガーテン

諸橋近代美術館


8月の「サマースクール in ふくしま」へ向け、ほぼ毎週末、福島市へ出掛けております。

今日は、仕事帰りに少し遠回りして、諸橋近代美術館へ行ってまいりました。

e0060611_22112571.jpg諸橋近代美術館と言えば、サルバドール・ダリのコレクションで非常に有名です。特にその彫刻の所蔵数に関しては、世界に誇れるのではないでしょうか。

他にも、ルノアールやゴッホ、セザンヌなど、一度は教科書で見たような、有名な画家たちの作品が展示されています。

昨年大型改修工事が行われたという施設ですが、裏磐梯の雄大な自然に囲まれた広い敷地に、あたかもハイランドの古城のようにたたずんでいました。

あいにくの雨でしたが、その雨がまた抜群の演出効果を醸していました。

e0060611_22113784.jpg美術館に通じる小橋の下に流れる沢が、新緑に包まれていて、その光景は、まるで印象派のキャンバスをそのまま切り取ったような美しさでした。

館内も非常に美しく、ダリの彫刻が見事に展示されていました。

私自身、ダリの作品は美術部に所属していた中・高時代、とても大好きで、家にあった絵画集をよく眺めていましたが、これほどの彫刻を手がけていたとは全く知らず、とても新鮮な感動を受けました。

企画展は、マリ・ローランサンの作品展。こちらもまたスタイリッシュであか抜けた「パリのエスプリ」でした。

帰りは五色沼に寄って帰ってきました。久々に訪れました。雨の中の沼は、暗く沈んだ水色で、普段の怖いくらいの「青」は見ることができませんでしたが、自然の中をゆっくり歩いて、十分にリフレッシュすることができました。

企画展は7月1日までです。まだあともう少し開催期間がありますので、ご興味のある方はぜひお運びください。

-DALIの世界へ- 諸橋近代美術館 ホームページ
[PR]
by ysdirector2005 | 2007-06-10 23:11 | プライベート

ジャガイモの花が咲きました


e0060611_0342739.jpg先日、3月に植えたジャガイモの植え替えをしましたと、日記に書きました。

その後しばらくして、こんなにかわいらしい花が咲きました。

・・・紫、なんですよね、花の色が(注:ナスの花ではありません)。

e0060611_0345669.jpgふつう、ジャガイモの花と言ったら白色ですが、このジャガイモは確か「アンデス」という品種で、ちょっとふつうのジャガイモとは違うようです。

それにしても愛らしい花です。


昔、フランスではジャガイモは食用ではなく、貴婦人たちはその花を帽子に飾ったのだとか。 French fries のお国なのに、面白いですね。
[PR]
by ysdirector2005 | 2007-06-08 18:09 | プリスクール&キンダーガーテン

教材は生きている


ずいぶん以前のことになりますが、この代表日記で、スクールで使用している教材について書いたことがありました。

主に、アルファベット・ワークシートのことを取り上げて書いたように思います。当時の子どもたちのレベルは、現在のロンパー1年目に相当していました。

このクラフトワークシートは、今も変わらず行っています。

最近ご入園いただいたお母さまからは、「工作好きにはたまらないスクールだって聞きましたよ」と、うかがいました。

別のお母さまは、「子どもの作品がこのペースで増えたら、もうすぐ倉庫が必要になりそうです」と、ノートに書いていらっしゃいました。このお母さまは、おそらくお子さまの作品を一つ一つ大切に保管してくださっているのでしょう。

また、スクールでのクラフト課業に関連して、ご家庭でも親子で同じような工作に取り組んでくださり、作品をスクールへ持ってきて見せてくださる方もいらっしゃいました。

いずれの方も、スクールの教育の主旨を肯定的にご理解くださって、ご協力くださっています。本当に、ありがたいことだと思います。

e0060611_16521998.jpgさてさて、本題は「教材」なので、話しを戻します。

先週、かおり先生がご実家の裏山から、「たけのこ」を何本か採ってきてくださいました。

育ち過ぎてしまっているので、もう食べることはできないけれど、子どもたちが見て、触って、遊ぶには十分、と持ってきてくださいました。

5月21日の午後、子どもたちはこの「たけのこ」を教材に学びました。

e0060611_16524471.jpgまず、 "bamboo shoot" という言葉。これはフィールドトリップ前に導入していたので、覚えている子もいました。「中身の色は?」というジュリアン先生の問いかけに、pink や brown など、いろいろな色を答える子どもたち。実際に皮を剥いていくと・・・薄黄色でした。においを嗅いで "yucky!" という反応が返ってきました。

輪切りのたけのこで数字の「8」を作ったR.I.くん。皮でブレスレット、イアリング、指輪を作ったA.Sh.ちゃん。他の女の子たちも、ジュリアン先生の作った冠をかぶせてもらっておすまし顔です。U.Y.くんやA.S.ちゃんは、転がして遊んでいました。

e0060611_16552967.jpgまた、3月にゴミ袋に植えたジャガイモが随分育ったので、先週末、サック(土嚢袋)に植え替えました。そのとき、何本かの苗を間引きました。

この苗もまた、来週以降の子どもの学習教材となります。春先に植えた種イモから、まさかこんなふうに芽や根が出てきて育っていくとは、子どもたちは、その目で見ない限り想像できるものではないでしょう。

e0060611_1653146.jpgスクール昇降口周辺の「花いっぱい運動」で、子どもたちはそれぞれ "My flower" をえらんで植えました。自分の名前が書ける子は、"My name tag" も作って、お花の脇に差しました。今後は、お花の水やり係のお友だちが、交替で水を与えてくれることでしょう。

昇降口でみんなを出迎えてくれるカメも、子どもたちがお世話をします。

昨日は6月のカレンダー作りだったのですが、U.Y.くんがタイムリーにカタツムリを持ってきてくれました。これはどんぴしゃり!でした。

e0060611_1658194.jpg今、ここに挙げてきたもの、すべてが当スクールの「教材」です。ワイズは、それを教える「先生」がいる限り、たいていのものが「教材」になると考えます。

英語(外国語)の習得=紙の教材(テキスト)と、どうしても考えてしまいがちですが、幼児の場合は特に、五感にうったえることが大切になります。

ましてや私たちが第一義とする言語(英語)の習得は、当然のことながら、実際の生活の中で、すべて経験に根ざして学ぶことによって達成されるものです(いったいどこの赤ちゃんが机の上の紙に向かって言葉を覚えたでしょう!)。

そして、実体験として「感動」することが、何よりの情操教育でもあるはずです。
[PR]
by ysdirector2005 | 2007-06-02 16:25 | プリスクール&キンダーガーテン


YPK/YIS 代表日記
More YPK Blogs
カテゴリ
タグ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧