イマージョン教育への挑戦 - ワイズプリスクール



<   2008年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧


「新年もちつき会」での出来事


1月11日金曜日、YPKで初めての「新年もちつき会」を開きました。

7月のBBQパーティー、11月のいも煮会、そして1月の新年もちつき会と、YPKでは、年に3回、保護者さま方と外国人教師たちが親睦を深めるための場を設けております。

通常、一般的な幼稚園や保育園では当然のようになされている保護者と保育者(教師)との親密なコミュニケーションが、当スクールのような英語イマージョンスクールの場合、ことばという障壁によって、相互に隔たりが生じてしまいがちです。

もちろん、日々、保護者さまと外国人教師の間を取り持つのが日本人保育士・スタッフの役目なのですが、そのような隔たりを少しでも取り除くことに時間と場所を提供するのは、スクールとして当然の義務であり、サービスであると考えております。

お母さま方を対象とした英会話教室(現在は週1回のみ開講)も、同様のねらいからスタートいたしました。少しでもご自身の英語に自信をつけて、お子さまの成長や子育てについて、外国人教師たちと意見を交わしていただきたいと願っております。

当スクールでは、ご家庭での「英語子育て」につきましては、ご家庭での英語の使用がご負担なような場合、敢えて強くお勧めはいたしておりません。

しかし、保護者さまがご自身で努力され、英語力のブラッシュアップを続けてくださるなら、ぜひご家庭でも、どんどん子どもたちと英語を使っていただきたいと思っております。

子どもにまかせるばかりではなく、大人が率先して、片言ながらも外国人とコミュニケーションをとろうと努力する姿を子どもたちに見せるということは、ご家庭での教育上とても大切なことだと思います。

「お母さんが頑張っているから、私も頑張ろう」と勇気付けられるでしょうし、「お母さん、すごいな。私もああなりたいな」と憧れ、目標を見出すことでしょう。はたまた、「お母さんの英語、めちゃくちゃだったけど、先生に通じていたな。あんな風でいいんだ」などと、返って自信を付けてしまうかもしれません(笑)。

そして、何よりも、子どもは自分一人が家庭の中で英語を解する人間であるという「孤独」(ときには「優越」かもしれませんが)を感じることがなくなるでしょう。

ワイズは、比較的行事が多いスクールです。保護者さま方は、月に1回程度の割合で、何らかの行事で来園されたり、みんなで一緒に遠足に出掛けたりします。

5月の遠足、7月のBBQ、9月の遠足、そして運動会やハロウィンを経て、11月のいも煮会・・・と回数を重ねる度に、少しずつ、外国人教師たちと保護者さま方が交流する場面が見られるようになってきました。

そこで話は、最初の「新年もちつき会」に戻ります。

子どもたちの食事が始まり、お母さま方や先生方もホッと一段落したところで、N.S.ちゃんのお母さまが、ティム先生としばらくお話なさっていらっしゃる姿を拝見しました。

きっと、今日のおもちが話題だったことでしょう。このように、お母さまの中に、積極的に外国人教師たちと関わって、コミュニケーションを持とうと努力してくださる方々が増えてきてくださっていることに、本当に嬉しくなりました。

ちなみにN.S.ちゃんのお母さまは、毎週金曜日の英会話教室に、ほとんどお休みせず通っていらっしゃいます。このことも、N.S.ちゃんのお母さまの力につながっているのだろうな、と思いました。

今後とも、保護者さま方が外国人教師たちと交流を深められる場面を整え、さらに、子どもたちのためにも、大人が子どもの前で英語を話している姿を子どもたちに見せられる機会をできる限り多く持てるようにしていきたいと思います。
[PR]
by ysdirector2005 | 2008-01-11 23:21 | ビジネス

2008年 年頭のご挨拶


新年あけましておめでとうございます。

大晦日から元旦にかけて、この冬最初のまとまった雪となりました。みなさま、ご家族であたたかいお正月をお迎えになられたことと思います。

さて、YPKは今日から3学期。公立学校や近辺の幼稚園さんより、ちょっと早いスタートを切りました。子どもたちの元気な笑い声がスクールに戻ってまいりました。みんな、ホクホクのお土産話をいっぱい抱えて・・・。

私は、常々、3年を一つの区切りとして物事を考えています。

お蔭様をもちまして、2008年、当スクールは4年目を迎えます。すなわち、「最初の三年」を終え、「次の三年」へと突入してゆくわけです。まさに「光陰矢の如し」です。

そして今、2008年の冒頭に立ち、まもなく終わろうとしてる「最初の三年」を思い返しています。

まず、「最初の三年」というのは、事業を営む場合、土台作りの三年に当たると思います。この「創業の三年」は、どのような会社組織も、いろいろな意味でとても苦しい時期です。(いや、敢えて苦しむ時期であるという風にも考えています。)

私は創業者として十分に苦しんだかな?・・・このように自問自答すると、まだまだ苦しみ足りないような気もしてきますが(笑)。

「最初の三年」を終えることにより、様々な方面で、より明確な見通しやビジョンを持てるようになったと思います。

ですから、「次の三年」という時期は、先の3年間で築いてきた土台を補強し、踏み固め、この先何度「三年」がやってきてもピクリともしない、強固な礎を完成させることが使命であると考えます。

YPKの行事活動も大変充実してきました。開校以来、私の念頭にある中で、今年度実現しなかった行事活動は、唯一「お泊り保育」でした。来年度は、ぜひこの「お泊り保育」を実践し、年長児は、親元を離れ、外国人教師たちと英語生活を丸々1日続ける体験をしていきたいと思います。

また、行事のみならず、YPKのカリキュラムも整って参りました。昨年末の日記にも書きましたが、この3年間の英語イマージョン教育の成果が、ほんの少しずつ形となって見えてきております。

大変うれしく感じると同時に、あらためて身の引き締まる緊張感が押し寄せてきます。今後とも子どもたちが、より優れた、より楽しい英語イマージョン教育を受けられるよう、カリキュラムのマイナーチェンジには、教師全員が心を砕いて取り組んでまいりたいと思います。

一方で、YISが、2008年度、本当の意味でのスタートの年となります。それは、「最初の三年」の節目として、2007年度、晴れてYPKが最初の卒園児を送り出し、初めてYISが彼らをお迎えするからです。

これは、ワイズが始まって以来、3年間、待ちに待っていたことで、本当に悦ばしいことです。

忙しい小学校生活の中で、いかにYPKから学んだ英語力を維持し、且つブラッシュアップしていけるか。YISの課題は数多いですが、また、気持ちを新たにして、YISの「最初の三年」をスタートさせていきたいと思います。

ワイズは、どんな時も、自らが革新を続けていかなくてはいけない、と考えています。何年経っても、保守に転じるようなことがあってはならない、と思います。

なぜならば、自らがより新しいものを目指して旅し続けることが、何より、私自身「楽しい」と思うことであり、それは同時に、広く、先生方と子どもたちにとっても「楽しい」ことであると思うからです。

ともあれ、2008年、ワイズは「次の三年」へ向け、意気揚々突き進んでまいりたいと思います!

本年も、何卒よろしくお願い申し上げます!!
[PR]
by ysdirector2005 | 2008-01-07 17:34 | ビジネス


YPK/YIS 代表日記
More YPK Blogs
カテゴリ
タグ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧