イマージョン教育への挑戦 - ワイズプリスクール



<   2008年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧


日本の童謡を英語で歌う


今回の第3回アニューアルコンサートで、園児たちは「チューリップ」を歌いました。

「チューリップ」はご存知のとおり、日本人なら誰もが知っている有名な童謡です。この童謡を、YPK園児たちは、英語と日本語の両方で上手に歌ってくれました。

コンサートの少し前、3月3日の「ひなまつり茶会」のときは、お招きした三浦先生の前で、「うれしいひなまつり」を歌いました。

さらにその前のことですが、2月の絵本テーマが「ももたろう(The Magic Peach)」でしたので、このときも「ももたろうさん」を英語で覚えました。

YPKでは、英語生活をするお子さまが、いわゆる日本の幼稚園で歌われる童謡や手遊び歌、あるいは「あっちむいてホイ」や「はないちもんめ」などの遊びを経験しないまま小学生を迎えてしまう、ということがないように、週に必ず1クラスは、保育士(幼稚園教諭)と一緒に日本語での歌や遊びの時間を設けております。

「チュ-リップ」の導入に際しては、子どもたちの中にはこの有名な歌を最後まで歌えない子ども(ロンパー・キンダー)も数名おりました。

ゆうこ先生と日本語で歌いながら、同時にジーナ先生と一緒に英語でも歌う練習をしました。子どもたちは、何の負荷意識もないままに、あっという間にこの歌を英語と日本語の両言語で覚えてしまいました。

それでは率直に、日本語の歌をわざわざ英語に直して、更に学習するという意味は何であろうとお考えになることでしょう。

それは、文化の学習目的というよりは、むしろ言語の習得目的であると言えるかと思います。

すなわち、日本語(母語)の歌を英語で歌った場合、子どもたちの頭の中で、歌のコンセプトがより明確にイメージできる、という利点があるということが指摘できると思います。

ひいては、リリック(歌詞)をボキャブラリーとして習得しようというねらいもあります。

今週末、YPKの第1回卒園式では、園児全員で "Nagori yuki"(なごり雪)を歌い、卒園児さんたちをお送りする予定です。

ちょっと大人な(?)歌詞ですが、ロンパーさんの中にはすでに覚えてしまった子も!当日は、式に参列くださるご父兄にも、一緒に歌っていただこうと思っております。

日本語の時にはない「新鮮さ」も、感じていただけるのではないかと思います。
[PR]
by ysdirector2005 | 2008-03-12 19:26 | ワイズイマージョン研究所

YPK The 3rd Annual Concert 第3回YPK発表会を振りかえって


昨日、第3回目のYPKアニューアルコンサートが実施されました。

YPKは、年に2回、園児たちに発表の機会を与えておりますので、通算では6回目の発表会となります。

今回は、初めてスクールを飛び出し、近所の桃見台公民館の集会室をお借りしての発表会となりました。

これまでは、スクールに保護者さまをお招きして学芸を発表して参りました。しかしながら、園児たちにとっては、普段の生活の場所で、しかも、舞台と観客席の境がないためにお母さま方との距離が近く、練習通りの成果をご披露するのに、とても難しさを感じておりました。

また、人数が増えてくるのにしたがって、収容人数や駐車スペースにおいても限界を感じ始めておりました。

e0060611_15403249.jpgこのような経緯から、今回の桃見台公民館での発表会となりました。

集会室には低いながらもしっかり「舞台」があり、真っ赤な緞帳がお母さま方の観客席と子どもたちの立つ舞台を完全に分離します。

このことが非常に効果的に働き、子どもたちは、落ち着いた心持ちで、日々の英語生活の成果を存分にご披露することができましたし、保護者様方も、ゆったりとお楽しみいただけたように思います。

願わくは、我が施設内にお遊戯室を・・・ですが、仕方がありません。いずれ、そんな日が来るよう日々努力して参りたいと思います。

とにもかくにも、今回の第3回アニューアルコンサートは、よいお天気にも恵まれ、本当にとてもとてもすばらしい時間であったと思います。

お忙しいところお時間を割いていらしてくださったみなさま、お父さま、おじいちゃま、おばあちゃま、おじさま、おばさま、いとこたちにお友だち!ほんとうにありがとうございました。

そして、YPKの子どもたち!You did a great job. I'm so proud of you all !!
[PR]
by ysdirector2005 | 2008-03-10 11:04 | プリスクール&キンダーガーテン

YPK入園説明会終了;ご出席ありがとうございました


昨年の12月から、月1回のペースで開催して参りました「YPK入園説明会」でしたが、本日で全4回の日程を終了いたしました。

ご縁があって、15組ほどのご家庭にご出席いただきました。みなさま、年度末のお忙しい中お集まりくださり、本当にありがとうございました。

この内のほとんどの方には、すでにご入園のお手続きをいただきました。4月から順調なスタートが切れるようにと、今年度のうちから「慣らし登園」を開始されたお子さまも数名いらっしゃいます。

おかげさまをもちまして、YPKも、一日につき30名の定員を満たすまで、あともう少しというところにまいりました。

子どもは、ある一定の人数の中で安定し、互いに学び合いますので、今すでに在籍している子どもたちにとっても、仲間が増えるということは非常に喜ばしいことでございます。

YPKは、30名の園児に外国人教師3名(必要に応じて日本人保育士の補助)を原則としておりましたので、現在の定員を超えるお申込みがあった場合には、さらに外国人・日本人ともにスタッフを増員していく予定でございます。

今後は「火曜日見学会」にて、ご見学・体験参加のお申込みをお待ち申し上げることになります。いつでもお気軽にお問い合わせくださいませ。
[PR]
by ysdirector2005 | 2008-03-08 22:04 | ビジネス

スプリングスクール in コラッセふくしま


春休みは福島市のコラッセふくしまにて、恒例の「スプリングスクール in ふくしま」を開催します。

夏に続く第2弾です。

次年度も、夏と春、年2回のインテンシブコースを福島市で開催していきたいと思います。

今回は、YPKだけではなく、YISも出張します!

日時・費用は下記のとおり。詳細は直接西ノ内校へお問い合わせください。

<YPK in ふくしま>

対象: 3才~5才
日時: 3月24日(月)~28日(金) 5日間 午前9時~午後3時
場所: コラッセふくしま 501会議室
授業料: 24,150円 *おやつ・教材費・保険料は含まれます


<YIS in ふくしま>

対象: 小学1年~3年
日時: 3月25日(火)~27日(木) 3日間 午後3時~午後5時
場所: コラッセふくしま 501会議室
授業料: 10,500円 *おやつ・教材費・保険料は含まれます


※ 対象年齢以外の方もお問い合わせください。
※ 28日(金)午後3時より、YPK・YIS合同で「イースター・パーティー」を開催します。受講者は参加費無料(パーティーのみ参加する場合は、参加費500円を徴収します)。

定員はいずれも12名です。お申込みはお早めに!
[PR]
by ysdirector2005 | 2008-03-07 17:46 | ビジネス

ミニ・リサイタル、ひなまつり茶会; 最近の行事を終えて


子どもたちは、2月末から3月初旬、外部からお客さまをお招きしての行事を、立て続けに2つ経験いたしました。

一つは、バイオリンのミニ・リサイタルで、もう一つは「ひなまつり茶会」でした。

まず、ミニ・リサイタルですが、2月27日(水)、三春アンサンブルのバイオリニストである井上聡先生をお招きして、2月の学習テーマの一つである「音楽と楽器」のまとめ学習の目的で、生の演奏を鑑賞する機会を作りました。

保護者様や園児の兄弟姉妹も招き、わずか30分のリサイタルでしたが、初めて生の音色に触れる子どもも多く、みんな大変おりこうさんに聞き入っておりました。

また、井上先生もとても楽しいお方で、子どもたちを飽きさせないよう、先生の演奏に合わせてみんなが知っている歌を歌わせてくださるなど、楽しく工夫してくださいました。

保護者様からも、「やはり生演奏は違いますね」、「またこのような機会を作ってほしいです」などと好評を頂戴し、心から嬉しく思っております。

つぎに、「ひなまつり茶会」。こちらは、3月3日(月)、桃の節句の日に行いました。

裏千家教授の三浦慶子先生がお弟子さん2名とご一緒にいらっしゃってくださり、子どもたちにお手前をご披露くださいました。子どもたちは、英語で「うれしいひなまつり」を歌い、先生方を歓迎いたしました。

茶道は、400年以上の長い歴史を持つ、日本の伝統文化の一つです。「経験」として、子どもたちに学ばせたいと思っていたものの一つです。

「茶はもてなしの心である」と、三浦先生から教えていただきました。とても美味しいお抹茶をいただき、ほんのり心があたたかくなったのは、きっとお茶をたててくださった先生方のあたたかいおもてなしの心が伝わったからでしょう。

こちらの行事にも保護者様方にご出席いただき、子どもたちとともに薄茶をいただきました。

いずれの行事も、ワイズを開校して以来ずっと、「実現できたらいいなあ」と思っていたことでしたので、今年度、3年越しで実現できたことを、本当に大変嬉しく思います。

子どもたちのきらきらした表情は本当に印象的でした。実体験としての学習の大切さを、あらためてしみじみと感じました。

これらの行事は、また次年度もぜひ実現していこうと思います。
[PR]
by ysdirector2005 | 2008-03-05 23:55 | プリスクール&キンダーガーテン


YPK/YIS 代表日記
More YPK Blogs
カテゴリ
タグ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧