イマージョン教育への挑戦 - ワイズプリスクール



<   2008年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧


スクールバスがやって来る!

「代表ブログ」、更新が侭ならず・・・反省です。

さてさて、このところワイズは水面下で活発に動いておりまして、いろいろとご報告があるのですが、今日は、最近の最もホットなニュースである「スクールバス」についてご報告いたします。

4月1日にエイプリールフールで書いたときは、まだまだ半信半疑の状態でした。結果に至る試行錯誤はオフィシャルブログをお読みください。

まもなく、そのバスがやって参ります!到着は、おそらく6月末頃であろう、と思って待っております。

スクールバスがやって来たら、園児全員を一度に運ぶことができますから、公園への移動時間が短縮されますし、そして何より安全になります。

また、4月から2ヶ月が経ち、トドラー2さんの数名はすでに3才のお誕生日を迎えました。心も体もぐんぐん成長しています。これまではお散歩やプレイヤードで遊んできましたが、このところ、もっと広い遊び場へ出かけたいな・・・という頃合いになってきております。

そんなトドラーさんたちも、ようやく公園へ連れていけるようになるかと思うと、本当に嬉しいです。

ロンパー&キンダーさんたちも、これまで以上にフィールドトリップへ出掛けることができるようになるでしょう。

今から本当に楽しみです!
[PR]
by ysdirector2005 | 2008-06-19 21:37 | ビジネス

「私が先生になったとき」


6月1日日曜日、ユースフル郡山で開かれた、福島保育連絡会主催のシンポジウムに参加してきました。

福島保育連絡会は、県内の勉強熱心な保育士の会合で、今回のシンポジウムでは、福島大学の宮川勇雄先生のコーディネートの下、元さめがわこどもセンター所長の青砥ハツ子先生が、同センターが出来るまでの誕生秘話を、ご自身の保育士としての40年の経歴を踏まえながら、お話してくださいました。

この会合に参加するのは、実は2回目でした。1回目は、まだ福島市に住んでいた頃、一人の保護者として参加したことがありました。

2回目の今回は、市からスクール宛に送られてきた資料でシンポジウムの開催を知り、「幼保一元」というテーマは、以前から関心のあったことでしたので、興味をそそられて参加を申し込みました。

会合では、懐かしいさくら保育園の先生方に、実に6年ぶりで再会しました。皆さんお変わりなく、息子たちの名前や年齢も覚えていてくださり、あらためて「保育士ってすごいな・・・」と感激しました。

さくら保育園には、当時本当にお世話になりました。現在の私の「保育」に対する基本的スタンスは、このとき培われたと言っても過言ではありません。そういう意味で、とても感謝しています。

以下は、青砥先生が、先生の40年の保育士人生の中で、常に心のよりどころとされてきたという詩です。とても感慨深かったので、ご紹介します。

「私が先生になったとき」

私が先生になったとき
自分が真理から目をそむけて
子どもたちに本当のことが語れるのか

私が先生になったとき
自分が未来から目をそむけて
子どもたちに明日のことが語れるのか

私が先生になったとき
自分が理想をもたないで
子どもたちにどうして夢が語れるのか

私が先生になったとき
自分に誇りを持たないで
子どもたちにどうして胸をはれといえるのか

私が先生になったとき
自分がスクラムの外にいて
子どもたちに仲よくしろと言えるのか

私が先生になったとき
自分がたたかいから目をそむけて
子どもたちに勇気を出せといえるのか

(作者不詳)
[PR]
by ysdirector2005 | 2008-06-03 22:30 | プライベート


YPK/YIS 代表日記
More YPK Blogs
カテゴリ
タグ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧