イマージョン教育への挑戦 - ワイズプリスクール



<   2009年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧


世界を舞台に活躍できる人材の育成を

タイトルの「世界を舞台に活躍できる人材の育成を」とは、本日の麻生総理の施政方針演説の中、内容が教育に差し掛かった時に登場した言葉です。

・・・と同時に、当ワイズスクールの教育が目指すゴールでもあります。

ITがこれだけ地球上を席巻し、世界がますます狭まっていく中で求められるのは、やはり世界を土俵に相撲がとれる人材、なのだと思います。

2011年の新学習指導要領の改訂では、小学校での英語必修化の他(こちらはビッグニュースになりましたね)、高等学校での英語科の授業を英語で実施することが義務付けられます。

しかも、この「英語で英語の授業」は、改訂を2年前倒しして、なんとこの春からスタートします。

このような流れは、日本の英語教育が、(非常にゆっくりでも)上記の目標に向かって前進していることの証なのでしょう。

英語イマージョン教育法が、今後さらに日の目を見る日が訪れることを望みます。

そして、ワイズも自ら掲げるゴールに向かって、地道に努力を重ねていきたいと思います。
[PR]
by ysdirector2005 | 2009-01-28 22:45 | 教育

人文字:「T」


e0060611_091475.jpg


・・・可愛くて、つい、載せてしまいました。
[PR]
by ysdirector2005 | 2009-01-27 23:11 | プリスクール&キンダーガーテン

リスニング・センター


課業と課業の合間や、課業を早く終えた子どもたちが、思い思いに時間を有効に過ごします。

キンダーさんやYISのお兄さん、お姉さんたちは、L.A.(ランゲッジ・アーツ)の授業中、課業の一つとして活用しています。

e0060611_2331353.jpg










リスニング・センター。大活躍です。
[PR]
by ysdirector2005 | 2009-01-27 23:03 | プリスクール&キンダーガーテン

オバマ大統領就任演説に思うこと

本日未明、ついにバラク・オバマ氏が、第44代アメリカ大統領に就任しました。

U2の ♪ One man come in a name of love ... ... の歌が思わず口をついて出てきてしまいました。まさに歴史の1ページを飾る、記念すべき日です。

この一大イベントに際して、思うところは、おそらく世界中の人々の胸に数限りないと思いますが、みなさまはどのような思いでご覧になりましたでしょうか。

ちなみに、ジーナ先生は、この件で本日福島民友さんの取材を受けていました。いつの新聞に記事が載るでしょう?

政治的なことはさておき、私には、あのアメリカの「演説者と聴衆の関係」がとても印象的でした。アメリカ政治のシンボリズムのようにさえ思いました。

巷では「オバマ演説集」がベストセラーのようですが、「はじめにロゴスありき」(「ロゴス」を「言葉」と解釈するのなら)の言葉通り、「ロゴス」を以って人心を掌握せんとする者が演説をし、そしてそれを水を打ったような静けさで受け止める聴衆たちがおりました。

その光景を見ていて、私は、あらためて言葉で表現することの重要性について考えました。

常々ワイズでは、将来世界を舞台に活躍できる人材の育成を目指して、子どもたちに「ことば」の大切さを伝えながら「英語生活」を送っております。我がワイズの子らにも、いずれあのように人を感動させられる言葉を綴れる人間に育ってほしいと心から思いました。

そして、また、そのような話し手に対し、敬意を持って耳を傾けることができる聴衆としても育ってほしいと思いました。

従来の日本の教育に足りなかったものの一つが、まさにこの「演説者と聴衆の関係」なのではないでしょうか?

そんなことを思った今日の就任演説でした。



[PR]
by ysdirector2005 | 2009-01-21 22:30 | ひとり言

アニューアル・コンサートへ向けて: We're Going on a Bear Hunt

今月のテーマ学習は、「衣類(身に着けるもの)」です。

ですから、ブックは "The King's New Clothes (裸の王様)" だったのですが、週始めのモーニング・サークルで、子どもたちのリクエストにより、急遽 "We're Going on a Bear Hunt"へ変更となりました(もちろん、様子を見て「裸の王様」も導入して参りますが)。

"We're Going on a Bear Hunt" は、みんなの大好きな絵本で、おととしはレベッカ先生が上手に読んでくださっていたのが懐かしく思い出されます。昨年も、ときどき持ち出しては、「読んで」とせがんでいた子どもたちです。

さて、本日のキンダー&ロンパー2の合同クラス、ジーナ先生と何やら秘密の相談です。

何かな~と思い、しばらく参観していましたら、子どもたちが、
"Kimie, can we play ’We're Going on a Bear Hunt’ at the concert?"
即座に "Why not?" と答えました。

喜んだ子どもたちは、その場で配役まで決め、早速練習に取り掛かっておりました。
e0060611_18474377.jpg


YPKのアニューアル・コンサートは、2月22日(日)。まだ少し先ですが、なかなかよいスタートダッシュです。

仕上がりは、当日乞うご期待です。
[PR]
by ysdirector2005 | 2009-01-16 19:34 | プリスクール&キンダーガーテン

みんながピカソ

本日のメイン課業は Painting 。

e0060611_18272996.jpg色をあまり混ぜ合わせず原色を使用し、なるべく「コントラスト」に気をつけながら描く、というのが本課のねらい。

先生の指示をしっかり聞いて描き始めた子どもたち。のびのびとして、明るく、とても素晴らしいと思いませんか?

子どもはみんな、ピカソです。

e0060611_18275838.jpg

[PR]
by ysdirector2005 | 2009-01-15 22:27 | プリスクール&キンダーガーテン

壁面の絵馬

3学期が始まり、ワイズの子どもたちは、制作活動の中で「絵馬」にお願い事を描きました。



鳴神校「学童ワイズ」の玄関を飾る絵馬の中にこのようなものを見つけました。



「ポケモンが本当に存在しますように」・・・

とても子どもらしい無邪気な、かわいらしいお願い事ですね。思わず笑みがこぼれました。


一方、YPKでも1月のカレンダー制作として絵馬作りをしました。

"I want to be good at reading"

きっとなれますよ!
[PR]
by ysdirector2005 | 2009-01-13 19:01 | 学童 ワイズ

2009年のスタートにあたって

新年あけましておめでとうございます。

8日(木)からは、YPKも3学期がスタートしました。

皆さまはどのようなお正月、冬休みをお過ごしになられましたでしょうか。今年も皆さまにとって素晴らしい一年となりますよう、心よりお祈り申し上げます。

さて、旧年中はこの「代表ブログ」の更新もすっかりご無沙汰になってしまい、時々ご訪問いただいていた方には、「最近全然更新してないね」なんてお言葉をいただく結果となってしまい、とても反省いたしております。

このブログが果たしてきた役割が、昨年、YSCN(YPK保護者さま専用のSNS)と「YPKオフィシャルブログ」にシフトしたことが、更新が減ってしまった最大の要因だったのですが、このブログは当スクール保護者さまに限らない一般の読者さまと私を直接つなげてくれる重要なツールとして、今年はあらためて大切にしていきたいと思っております。

さて、今年ワイズは、5年目を迎えます。早いものです。

はじめの2年くらいは、暗いトンネルの中を歩むようで、本当に長く険しい毎日でしたが、一昨年、昨年とは、まさに「光陰矢の如し」で、あっという間に過ぎ去ってしまったような感覚です。

とは申し上げても、決して安穏と毎日を過ごしていた訳ではございません。昨年はこれまで以上にコツコツと地固めをした一年であったと思いますし、またいくつかの新しいことにもチャレンジした一年でもありました。

まず「地固め」に関しては、ロンパー1からキンダーまでの3年間のカリキュラムが整い、各エイジ・グループの到達目標が明確に設定されたことがご報告できると思います。そして、「ファミリー・デーバーベキュー」や「運動会」などの各行事も、一昨年を引き継いで、さらに充実させることができたように思います。

つぎに、新しいことに取り組んだことについては、2学期早々の「キッズサマーフェスティバル」や10月の福島県主催第24回全国生涯学習フェスティバル「まなびピア2008」への出展、またハロウィンパーティーでの「お化け屋敷」企画や12月の「トゥインクルスターコンサート」を郡山市公会堂で実施できたことなどが挙げられると思います。

ただ、これらの新企画はいずれも準備不足のため、多くの課題を残す結果となりました。しかしながら、始めなければ始まらなかったこと、です。まずは実現できたことを前向きに評価し、今年こそは皆さまに更に喜んでいただけるよう、万全に準備を整えて臨んで参りたいと思っております。

この他にも、施設運営面から振り返りますと、5月から6月に一部内装工事を行い、水道、照明設備を整備したり、パーテーションを設置することにより教室内を有効的に活用できるようになったことも、実現できて嬉しかったことの一つです。また、7月にはマイクロバスも購入し、「キンダーお泊り会」やその他の園外学習、遠足の際は、ずいぶん重宝しました。またマイクロバスは、YPKばかりでなく、学童ワイズや小学生のサマーキャンプやフィールド・トリップでも大活躍でした。

2009年もワイズは、決して現状に甘んじて歩みを止めることなく、昨年の挑戦を引き継いで、更に努力を重ねてまいりたいと思います。

昨年企画した新しい行事はさらに充実を図るとともに、現在立ち上げ真っ最中の「プレイスクール」はもとより、アフターやサタデーでも新たな企画をご提供申し上げる予定でございます。今後とも、引き続き「YPKオフィシャルブログ」や「オフィシャルwiseGブログ」、そしてこの「代表ブログ」などを通して、どんどん発信してまいりたいと思います。

最後になりますが、保護者の皆さまを始め、本当に多くの方々から、ワイズの取り組みに対し、多大なるご理解と強力なエールを賜っております。本当にありがとうございます。心より御礼を申し上げます。

今年も、子どもたちの輝く瞳のために、一歩一歩誠実に歩みを進めて参りますので、変わらぬご支援を賜りますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。
[PR]
by ysdirector2005 | 2009-01-12 22:22 | ビジネス


YPK/YIS 代表日記
More YPK Blogs
カテゴリ
タグ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧