イマージョン教育への挑戦 - ワイズプリスクール



<   2012年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧


吉田農園さんからキウイをいただきました

宮崎県串間市の吉田農園さんより、ビタミンたっぷり無農薬キウイフルーツが届きました。
吉田農園さん、たくさんのキウイを送ってくださり、本当にありがとうございます。
幼児から学童まで、みんなでおいしくいただきました。とっても甘かったです。
ご好意に心から感謝いたします。ごちそう様でした!

e0060611_16325475.jpg

[PR]
by ysdirector2005 | 2012-02-18 16:33 | プリスクール&キンダーガーテン

そらべあ記念式典について

今週木曜日、そらべあさんと打ち合わせ。記念式典は、3月16日(金)に決定しました。
そらべあさん、ソニー損保さん、HONDAさんから代表の方が式典にお越しくださいます。そして、そらべあのそらくんとべあくん兄弟もあそびに来る模様。楽しみですねぇ。
こちらは園児たちの歌と先生の紙芝居で皆様をおもてなししたいと思います。
原発の被災者である私たち福島県民ほど、今一番再生可能エネルギーの重要性を認識している国民はいないと思います。私たちは、このそらべあの取り組みに積極的に賛同し、原子力に頼らない発電装置の普及に力を注いでいくべきだと思います。

e0060611_16303740.jpg

[PR]
by ysdirector2005 | 2012-02-18 16:31 | アルゴ幼稚舎保育園

宮崎から子どもたちに贈り物をいただきました。

1月下旬のある日、突然「宮崎県からかけています・・・」という電話を受けました。
その声の主は男性で、確かに宮崎なまり。

あまりに突然のことで、最初のうち何をおっしゃっているのかよくわからなかったのですが、ワイズの子どもたちへポンカンを送るから食べてください、ということです。

その2、3日後、確かにポンカンが2箱も送られてきました。中を開けると、ポンカンとコーヒー(代表して送ってくださった中村さんは珈琲店を営んでいらっしゃいます)、そして温かな心のこもったお便り。

YPKの子たちと同じくらいの年齢の子が入れてくれたのでしょうか、「がんばって」のメッセージとたくさんの折り紙。

お便りから、宮崎県に避難している方がワイズの名前を出してくださったということです。(ちなみにその方はワイズの保護者様というわけではなく、全く存知申し上げない方です。) 公の機関を通さず、福島県の子どもたちに直接届けたい、ということで、なぜかワイズを選んでくださったようです。

後から知ったことですが、この中村さんは聡先生の実家のすぐ近くでコーヒー店を開いていらっしゃいます。ものすごい偶然です!

震災からまもなく1年が経とうとしています。被災地以外の地域では、だんだんと震災の記憶も薄れていく時期でしょう。それなのに、遠い宮崎から、こうして思って、案じて、応援してくれている人がいる、ということにとても感激しています。

前にも書いたかもしれませんが、地震自体は本当にひどいことでしたし、福島は今も大変な思いをしていますが、それがきっかけで、今まで想像も出来なかったようなご縁が広がっているという。そういうこともあるんだなぁと思うと非常に感慨深いものがあります。

宮崎の皆様の温かいお気持ちに心から感謝申し上げます。










[PR]
by ysdirector2005 | 2012-02-05 18:19 | プリスクール&キンダーガーテン


YPK/YIS 代表日記
More YPK Blogs
カテゴリ
タグ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧