イマージョン教育への挑戦 - ワイズプリスクール



スプリングキャンプ2010 「宮澤賢治を訪ねて」の旅を終えて


GW(学童ワイズ)では、毎年夏休みにキャンプを実施して参りましたが、今回は初の試みとして、春休み期間中にスプリングキャンプを企画してみました。

また同時に、初めてキャンプの目的として「宮澤賢治を訪ねる」旅というテーマ性を持たせてみました。そして、参加する子どもたちには「賢治の作品を必ず読んでくる」という宿題が課されました。

旅にテーマを持たせると、子どもたちの中にも目的意識が芽生え、旅自体が非常に有意義になった、というのが今回のキャンプを終えての印象です。

「宮澤賢治記念館」や花巻農業高等学校「羅須地人協会」の見学などはいい例で、通常のフィールドトリップだったら、子どもたちは退屈してしまうような施設なのですが、このように目的意識が明確ですと、逆に意欲的にパネル展示の年表や写真などを読み込んで、熱心に見学している姿が見られました。

そういう意味で、今回の岩手キャンプは非常に素晴らしいものとなりました。

旅の様子については、こちらのブログからご覧ください。↓↓↓↓↓

GW学童ワイズの記録」


ということで、次回、夏のキャンプについて、現在漠然とですが、以下のように考えています。

◎サマーキャンプ2010・その1「サマーキャンプinいわき」
→1泊2日のキャンプ。親元を離れて1泊しながら、自分の身の回りの始末を自分で行うことを学ぶ。1年生や初めてキャンプに参加する初心者向き。

◎サマーキャンプ2010・その2「サマーキャンプinあおもり」
→2泊3日の旅で、「三内丸山遺跡」を見学。縄文時代の扉を叩いてみたいと思います。ついでに原子力発電や核廃棄物の問題など日本のエネルギー問題についても触れられたら最高です。

詳細は、後日あらためてご連絡させていただきます。
[PR]
# by ysdirector2005 | 2010-03-27 23:56 | 学童 ワイズ

AKクラスの閉講について


平成18年度より開講してまいりましたアフターキンダーガーテン(AK)クラスですが、新年度年少の園児さんが卒園する平成24年度をもちまして、完全に閉講することに決定いたしました。 [ ※サタデーキンダー(SK)クラスはずっとこれまでのままで、閉講いたしません。 ]

平成22年度生は、現在ご進級、ご入学のお申し込みをなさっていらっしゃる方、またはお問い合わせがあった方、あるいは諸所の理由により、まだ迷っていらっしゃる方などを除き、通常の生徒募集は一旦休止といたします。

また、23年度以降の新規生徒募集についても、24年度末の閉講へ向け、段階的に調整して参ります。

閉講の理由はと申しますと、いろいろありますが、最大の理由はYPKに全力を注ぎたい、ということでございます。

新年度以降は、3ヶ年計画でYPKとYISの英語イマージョン教育を見直し、より具体的な成果を求めて改革して参りたいと思います。

保護者の皆さまには、後日あらためて、新カリキュラムの詳細をご報告させていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
# by ysdirector2005 | 2010-03-19 02:04 | ビジネス

はなしょくにんさん



3月14日、日本国の世間一般では「ホワイト・デー」であったり、また世界の一部の人びとの間では「パイ(Π)・デー」であったりしましたが、YPKにとっては、第3回卒園式の日でありました。

式については、YPKオフィシャル・ブログをご覧ください。

今日、私が書きたいのは、こちら。

e0060611_3485285.jpg















卒園の好き日のために、素晴らしいお花を準備していただきました。

「はなしょくにん」さんのアレンジです。
YPKのトドラーさん、Wちゃんのパパが作ってくださいました。

本当にありがとうございます。


◇◆はなしょくにん◆◇
郡山市駅前1-5-3  
tel/ 024-925-9872
[PR]
# by ysdirector2005 | 2010-03-17 00:54 | ビジネス

ナゴリユキ


3月に入り、鳴神の庭の梅の木も芳しい匂いを漂わせ、「春が来たな~」と思っていたら、次の日には咲いてた花が凍てつくような雪・・・。

「三寒四温」とは言っても、この温度差はタダ事ではないでしょう!皆さまも、体調を崩されませんよう、お気をつけくださいね。

さて、今年度も残すところあとわずか。明後日は、YPKの第3回卒園式です。早いもので、YPKも5年目を終えるところです。卒園児も第3期を迎えます。

そこで、タイトルの「ナゴリユキ」のお話ですが、YPKでは、第1回から、毎年「卒園のうた」として、この歌を歌っています。

「なごり雪」は、日本人なら知らない者はいないだろうと言うほど超有名な歌であり、また卒業式で歌われる歌としても、多くの人々に愛されている歌ですね。

この楽曲をカバーしているキャット・マクドウエルは、お父さんがニュージーランド人、お母さんが日本人のハーフ。幼い頃から母親が口ずさんでいたこの「なごり雪」が大好きだったそうです。

この曲を聴くと、たいていの保護者様から、「なんだか不思議な歌ですね・・・」と言われます。「不思議」、そう日本語と英語が交互に入り混じって、確かに歌っていて不思議な感じを覚えます。

私が、この曲をYPKの卒園のテーマソングとして大切にしたいと思う理由は、我々のようにモノリンガルな環境で育ってきた人間が「不思議」と感じるこの感覚が、YPKの子どもたちには、全く不思議ではない通常の感覚として受け止められているだろうと思うからです。

すなわち、バイリンガルの頭の中は、まるでこの歌のようにめまぐるしく2言語が交錯し、でも決して矛盾することはない。英語と日本語の世界を毎日何度も往復し、あそび、まなんでいるYPKの子どもたちにとって、この歌はキャットさんと同じように、ごく「当たり前」の感覚なのではないかと思うのです。

この切り替えこそが、まさにバイリンガルのなせるワザ、真髄なのだろう、と中途半端な英語を話す私は考えるのです。

だから、敢えてこの歌を選び、そして毎年歌い継いでいきたい、と思っています。

参考:  YouTube 「キャット・マクドウェル KAT MCDOWELL - ナゴリユキ(2007)」
 
[PR]
# by ysdirector2005 | 2010-03-12 23:04 | プリスクール&キンダーガーテン

ツウな選択

短い3学期、すでに2週間が終了しました。

YPKは、新しいスクールにも慣れ、毎日順調です。
いくつかの新しいルールもすぐに理解し、とても上手に守ることが出来ています。

e0060611_1651423.jpg子どもたちは、自由遊びの時間は、数ある玩具(教具)の中から、自分の遊びたいものを一つ選択し、カーペット、テーブルまたは専用の台の上で遊ぶよう習慣付けられています。

写真のブロックは「Pipe Builders」。
水道管をモチーフにした面白いブロックです。

一般開放時は、いつも棚の片隅でひっそりとしているこのブロックですが、今、ギャラクシーではブームの真っ最中です。

自由遊びの時間が決して長い訳ではないYPKで、このブロックを選択する子どもたち、なかなかツウな選択です。
[PR]
# by ysdirector2005 | 2010-01-24 16:31 | プリスクール&キンダーガーテン

年頭のごあいさつ

2010年、あけましておめでとうございます。いつもお世話になっているみなさまへ、謹んで新年のお慶びを申し上げます。

YPKも、早いもので、今年6年目となります。新年からは、安積町校にて、新たな門出となります。年度途中の移転に際し、園児・生徒さん並びに保護者のみなさまには、多大なご迷惑をお掛けすることとなりましたこと、心よりお詫び申し上げます。

1月12日より、無事に新学期のスタートが切れるよう、そして西ノ内校にも増して、より充実した教育環境と保育サービスを提供できるよう、精一杯努めて参ります。

本年も変わらずよろしくお願い申し上げます。

この代表ブログ、あまりこまめに更新していないのは、毎年反省しているところですが、昨年最後の更新日付を見たら、11月5日「いも煮」だったものですから、2009年は例年になく、本当にいろいろと追われていたな~としみじみ思います。

個人的なことですが、2009年は、一人のビジネスパーソンとして、本当にたくさんのことを学んだ一年でもありました。

「忙しい」とは「心を亡くす」と書くわけですから、2010年はそのようなことにならないように、自分に厳しく、そして効率よく頑張って参りたいと思います。

さて、世の中も(不景気ですが)、「政権交代」で「新」しい時代へ向かって、ようやく胎動を始めたのを感じますね。まだまだ予断を許しませんが。

6年目のワイズ。(ちょっとややこしい表現になりますが)「"ワン・ディケイド" の折り返し地点」という節目に際して。

教育に関しては、毎年マイナーチェンジを繰り返してバージョンアップを図ってきておりますが、今年からは、これまでベータ版としてあたためてきていた「ピラミッド・メソッド」教育法と、さんすう・数学に力を入れたプログラムを本格的にYISとASPに取り入れ、そしてYPKには段階的に導入してまいります。

保育に関しては、働くお母さん支援に重点をおいてまいります。私も働く母親の一人。働く母親がどんなものを求めているのか、身を持って感じるところから、新年度へ向けてサービスの充実を図ってまいります。

そして、何よりも大切なのは、子どもたちの安全で健やかな成長です。

そのためにも内外の教育保育環境の改善には、細心の注意をもって取り組んでまいります。もちろん、「環境」の中には子どもたちを取りまく人的環境、すなわち外国人教師(日本人もですが)の教育と質の向上は、永遠の努力目標です。

最後に、余談ですが、元日は、気象観測上「特異日」と言って、東京オリンピック開会式の日に選ばれた10月10日(むかしの「体育の日」)同様、日本全国的に快晴となることが多い日ということになっています。

思い返せば、初日の出が拝めなかった元日というのが過去に何回あったでしょう?

学生時代、カナダでナイアガラの滝を見たときに、「これだけ水があれば、まだ地球も大丈夫だ」と思い、勝手に安心したのですが、同様に「元日と体育の日が快晴だったら、まだ地球も安泰だ」と思っていた私は、昨日一気に不安に陥りました。

私たちを取り巻く地球環境は、まさに音を立てて変化しているようです。

今年度のYSSアドバンスクラスの学習テーマは、「エネルギー問題」でした。化石燃料と地球温暖化について調べ学習を進めております。また、英語劇クラブ「39(イットリウム)」が毎回劇中で訴えることも環境保護の大切さです。

環境教育は非常に大切ですが、今までの大人が好き勝手に荒らしてきたそのツケを、子どもたちの将来に押し付けるようで、私は同時にとても悲しい気持ちになります。

子どもたちを教育する前に、まず私たち大人が率先してエコを実践していかなくてはなりません。これも2010年の大切な目標です。
[PR]
# by ysdirector2005 | 2010-01-02 11:06 | プリスクール&キンダーガーテン

いも煮

先週末のハロウィンでは、午前も午後もたくさんの方にご参加いただき、まことにありがとうございました。

それぞれのブログにお写真をアップしてますのでご覧ください。
YPKの方はこちら
YIS・YAK・YSS・YSKのみなさまはこちら

さて、昨日4日(水)は、いも煮会でした。

例年ですと、郡山少年自然の家や浄土松公園などの野外炊飯場(バーベキューサイト)を利用して、保護者の皆さまといっしょにいも煮汁を作ってまいりました。

でも、今年度からは、子どもたちと先生方だけで楽しむ行事に変更いたしました。

理由は、
①運動会→秋の遠足→ハロウィンと、2学期は始ってから10月いっぱいは行事が立て続けで、保護者さまのご負担を軽減するため
②時期がどうしても11月初旬になることから、天候による変更を容易にするため

いつも出掛ける公園で、ミセス・スターが作ってくれた "Imoni soup" をいただきました。前日まで、みぞれまじりの寒~いお天気でしたから、ちょっと心配していましたが、予想以上のよいお天気で、開放的な気分で outside lunch が楽しめました。

How was Imoni soup?
子どもたちに感想を尋ねたところ、

It was yummy.
I ate all.

のお返事が返って来ていますので、野菜の食べず嫌いでいつもミセス・スターを悩ませる子どもたちも、屋外で「ピクニック」と目先を変えてあげると、案外すんなり野菜たっぷりのいも煮汁も食べてくれるものだ、と思いました。

小春日和があれば、あともう1回くらい、outside lunch もいいかも知れません。
[PR]
# by ysdirector2005 | 2009-11-05 11:37 | プリスクール&キンダーガーテン

子どもたちの表情

ワイズがとても大切に思っていることは、あそびとまなびのメリハリです。

どんなに教育に熱心に力を注いでも、こんな幼い子どもたちを一日中机にかじり付かせたくはありません。

よく食べ、よく寝る、そしてよく遊ぶ。この当たり前のことが子どもの生活の根幹を担い、学びははじめてその上に成り立つものだと思います。

だからワイズの子は、毎日全力で遊びます。毎日全力で学んでいるからです。日常の英語生活の中で、私たちはこの「けじめ」をとても大切にしています。

めいっぱい体を動かし汗をかく。一つのパズルに集中してぐっと入り込む。友だちとのごっこ遊びで空想の世界を自由に飛びまわる。

そして、クラスでは真剣に学ぶ。先生方の質の高い授業に知的好奇心をくすぐられてわくわくする。

これらの写真をご覧のみなさまに、





そんな子どもたちの日常を、彼らの表情から感じ取っていただけるなら、とても嬉しく思います。
 
[PR]
# by ysdirector2005 | 2009-10-11 13:43 | プリスクール&キンダーガーテン

コスキン・エン・ハポン開催のお知らせ

一日遅れてしまいました!

昨日から始まっています。「コスキン・エン・ハポン2009」。川俣町で開催中です。

8月1日に「キッズサマーフェスティバル」に来て下さった川俣町の「アミーゴ・デ・川俣」さんも出場します(正確には昨日しました、ですが)。

また、昨年子どもたちに南米の弦楽器「チャランゴ」の音色を聴かせてくれたパトリシオ・ゼオーリさんも再び来日して出演なさいます。

明日まで開催しておりますので、この連休、ぜひ川俣町まで足を運ばれてはいかがでしょうか?


コスキン・エン・ハポン2009
開催日:平成21年10月10日(土)~12日(月)の3日間
会 場:川俣町中央公民館 (福島県伊達郡川俣町字樋ノ口11番地)
主 催:ノルテ・ハポン(北日本中南米音楽連盟)
[PR]
# by ysdirector2005 | 2009-10-11 11:08 | プライベート

Rくんの担任の先生

Rくんは、昨年度YPKを卒園して、市内S小学校に通う1年生です。現在も、ワイズの放課後英語イマージョンプログラム(YIS)で引き続き頑張っています。

そのS小の担任の先生から、先日、とても嬉しいお話がありました。

この先生は、子ども一人ひとりをホントに厳しく、温かく見守ってくださる先生で、私がSくんのお迎えに行ってお会いするたびに、Sくんの学校生活について、いろいろなことを知らせてくださいます。

「姿勢よく座っていられるとよい」とか、「お友だちの話もよく聞けるようになるとよい」など、毎回結構キビシイことを言われるのですが、その一方で、必ず具体的に褒めてもくださいます。

「今日は給食でひじきが食べられるようになった」とか、「今日の水泳記録会で15m泳ぐことができました」などなど。

そのような中で、先生が、Rくんの授業中の発言について褒めてくださいました。

(余計なおしゃべりも多いけど…と前置きはされてしまいましたが、)「とてもいい発言も多い」、「発言の内容から、Rくんが、幼児期に非常に豊富な体験を通じた学びというのを続けて来たのだろうことが伺い知れます」と、おっしゃってくださいました。

小学校の先生からのこのお言葉は、ワイズにとっても最大の褒め言葉でした。

日々、私たちが、一つ一つ積み上げるようにして繰り返してきたことの意図が、Rくんの糧となり、あらわれ、先生に伝わった!ということが、とても嬉しかったです。

私たちの仕事である「教育」とは、結果が具体的に現われるまで、とてもとても長い年月がかかるものです。

もちろん、信じて突き進んでいますが、果たして本当にこれで十分か…と、常に自問自答しながら日々を送っています。

ですから、今回のような先生の一言は、とても嬉しく、そしてまた、大変勇気付けられる気持ちがするものなのです。

かなり強い気持ちにさせていただきましたので、これからも引き続き張り切って、子どもたちと真剣に遊んでいきたいと思います!
[PR]
# by ysdirector2005 | 2009-09-14 15:27 | 教育

ピラミッド・メソッド講演

梅雨明けのないままお盆が過ぎ、吹く風がすっかり秋の気配、という今年の夏です…。

皆さんの夏はいかがでしたか?たのしい思い出がたくさん作れましたか?

私は…と申しますと、6月くらいから覚悟はしていましたが、やっぱりホントに「超!」がつく多忙な日々で、気が付いたら夏が終わってしまった、というところです。

今が踏ん張りどころです。みなさまにご迷惑を掛けぬよう、そして、陰日向に温かくエールをくださるみなさまに感謝申し上げつつ、日々全力疾走いたしております。

さて、そのような中、お盆明け早々の18日(火)、日本保育協会福島県支部青年部の研修会にお呼ばれいたしまして、「ピラミッド・メソッド」について、しゃべる機会を与えていただきました。

主に社会福祉法人の保育園さんの園長先生や事務長さんなどのお集まりになる研修で、「なぜに私ごときが!」という気持ちは、未だに感じておりますが、このような機会を与えてくださった門田報徳保育園の遠藤園長先生には、本当に心より感謝申し上げたいと思います。

それぞれに歴史ある保育園の経営者さまにして、自らも保育のプロフェッショナルでいらっしゃる先生方が、私のような若輩の話に熱心に耳を傾けてくださった「謙虚さ」に、本当に恐縮いたします。

ピラミッド・メソッドは、オランダの幼児教育法です。彼国では国策として導入されております。

保育は文化ですから、文化の全く異なる日本の国において、そっくりそのままこの教育法を導入するということは極めて困難なことでしょうが、このメソッドの、時間や空間の利用法やプロジェクトやプログラム(いわゆるカリキュラム)などといった部分を一つの保育アイデアとして現在の保育の中に取り入れることは、十分に可能であると思います。

私自身、まだまだ勉強不足。経験も乏しい身ですから、いろいろな方々に助けていただきながら、これからももっともっと精進してまいりたいと思います。
[PR]
# by ysdirector2005 | 2009-08-30 23:48 | ビジネス

キッズサマーフェスティバルの開催へ向けて

ご無沙汰いたしておりました。


非常に多忙な日々を送っております。このブログの更新もままならぬほどに。

本当はそんな言い訳などせずに、細切れの時間を有効に活用してせっせと更新しなくてはならないところです。


とにかく、山のようにあるお伝えしたいことの中から……今日は「キッズサマーフェスティバル」についてお知らせします。

2008年にスタートし、今年度は2回目の「キッズサマーフェスティバル」。子どもはもちろんのこと、大人も楽しめる国際色豊かな夏祭りがコンセプトです。

今年度は、保護者会の力強いサポートの下、8月1日(土)の開催に向かって、順調に着々と準備を進めているところであります。

今回は、ワイズ生と一部外部の方々のための、内輪なお祭りとなりますが、今回の成功の暁には、是非とも広く市民の皆さまを巻き込んでの一大イベントとしていきたいな~と保護者会共々なにやらいろいろと企んでもいるところでもあります。

まずは固く、足元をしっかりと。今回の祭りを成功に導きたいと思っております。

それには保護者の皆さまのご協力が必要不可欠でございます。何卒皆さまのご協力、よろしくお願い申し上げます!
[PR]
# by ysdirector2005 | 2009-07-13 03:20 | プリスクール&キンダーガーテン

お並び

こちらの写真は、ゴールデンウィーク明け、ある日のトドラーさんたちです。

プレイヤードでの外遊びを終え、整列のワン・ショットです。

どうです?どうです!

ずいぶんとお並びが上手になりましたでしょう!
[PR]
# by ysdirector2005 | 2009-05-24 17:24 | プリスクール&キンダーガーテン

英語の絵本を楽しんでいますか?

World Book Day 2009"(世界 本の日は毎年4月23日)にちなんで、4月1日からスタートしたワイズの「"英語の絵本を読もう!"運動」

1か月を経過して、少しずつではありますが、絵本の感想や絵などがスクールに届き始めたようです。

提出の締切日は2009年6月1日(月)。

まだまだ時間は十分にあると思いますので、少しでもたくさんの絵本を読んで、その感想や絵を提出してください。
 
たくさんのご参加をお待ちいたしております。
[PR]
# by ysdirector2005 | 2009-05-10 10:00 | 教育

デイリーリポート

前々から導入したいと思っておりました。

ネイティブ・ティーチャーによるデイリーリポート。とくにトドラーさんからロンパー1までのお子さんが対象です。

このくらいのお年のお子さんは、その日のスクールでの出来事を自分でおうちの方に報告することができません。「誰と遊んだのか」、「何で遊んだのか」、そして「お友だちとのトラブル」等々・・・。

また、おやつやランチをどれだけ食べられたのか、トイレトレーニングの様子は?などもお母さま方にはとっても気になることです。

この「デイリーリポート」が、そんな諸々の不安を解決してくれることを期待したいと思います。

e0060611_1322787.jpg先週、4月23日(木)より開始しました。先生方は、忙しい合間をぬって、こまめにチェックを入れてくれております。

なお、リポートの管理方法ですが、いろいろ検討の結果、毎日その日の分をノートに挟みますので、おうちでリポートをお読みになりましたら、必要に応じて、先にお渡し済みのファイルに綴じて、各自管理なさってください。

最後に、このリポートは、あくまで簡易的なご報告です。ネガティブなご報告するときは特に慎重にいたしますが、項目や表現にも限界がありますので、ご心配なことや気になることがありましたら、ご遠慮なくいつでもお尋ねください。
[PR]
# by ysdirector2005 | 2009-04-29 19:58 | プリスクール&キンダーガーテン


YPK/YIS 代表日記
More YPK Blogs
カテゴリ
タグ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧