イマージョン教育への挑戦 - ワイズプリスクール



タグ:ハロウィン ( 1 ) タグの人気記事


YPKハロウィンを「パーティー」と呼ばない理由


YPKでは、敢えて「パーティー」という言葉に気を付けています。

YPKで行われる「パーティー」は、毎月のお誕生会(Birthday party)と、7月のバーベキュー(BBQ party)、11月のいも煮会(Imoni party)、1月のもちつき会(Pounding-ricecake party)の4つの行事のみです。

これらの4つの行事は、保護者さまが教師(主に外国人の先生方)と親睦を深めることに主な目的があり、その他の園の英語イマージョン教育の一環としての行事(英語の行事)とは主旨が異なります。

その違いとは、どれだけ子どもの英語生活に注意を払うか、というところにあります。

たとえば、最近の例では、運動会(Sports day)が「英語の行事」にあたりました。レベッカ先生の司会の下、全ての種目が英語で行われました。子どもたちの声援も全部英語。説明や注意も、もちろん全て英語でした。

(余談ですが、もちろん「日本語の行事」というのもあります。たとえば「七夕」や「お月見」などです。子どもたちは、これらの行事について英語で学ぶとともに、日本人保育士を中心に、日本語でも学びます。)

すなわち、「行事」とは、あくまでも、その文化を学習するための「教材」の一つであると捉えます。

ですから、「ハロウィン」は、当然毎年10月31日当日に行うことにこだわっていますし、欧米の文化を学習する大切な機会なのです。もちろん、工作やスナック、ゲームなどで行事を楽しみますが、「パーティー」では決してないのです。

少々分かりにくいかもしれませんが、そのような辺りにも、敢えてこだわりたいと思っているのです。
[PR]
by ysdirector2005 | 2007-10-31 19:17 | プリスクール&キンダーガーテン


YPK/YIS 代表日記
More YPK Blogs
カテゴリ
タグ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧