人気ブログランキング |

イマージョン教育への挑戦 - ワイズプリスクール



日本の童謡を英語で歌う


今回の第3回アニューアルコンサートで、園児たちは「チューリップ」を歌いました。

「チューリップ」はご存知のとおり、日本人なら誰もが知っている有名な童謡です。この童謡を、YPK園児たちは、英語と日本語の両方で上手に歌ってくれました。

コンサートの少し前、3月3日の「ひなまつり茶会」のときは、お招きした三浦先生の前で、「うれしいひなまつり」を歌いました。

さらにその前のことですが、2月の絵本テーマが「ももたろう(The Magic Peach)」でしたので、このときも「ももたろうさん」を英語で覚えました。

YPKでは、英語生活をするお子さまが、いわゆる日本の幼稚園で歌われる童謡や手遊び歌、あるいは「あっちむいてホイ」や「はないちもんめ」などの遊びを経験しないまま小学生を迎えてしまう、ということがないように、週に必ず1クラスは、保育士(幼稚園教諭)と一緒に日本語での歌や遊びの時間を設けております。

「チュ-リップ」の導入に際しては、子どもたちの中にはこの有名な歌を最後まで歌えない子ども(ロンパー・キンダー)も数名おりました。

ゆうこ先生と日本語で歌いながら、同時にジーナ先生と一緒に英語でも歌う練習をしました。子どもたちは、何の負荷意識もないままに、あっという間にこの歌を英語と日本語の両言語で覚えてしまいました。

それでは率直に、日本語の歌をわざわざ英語に直して、更に学習するという意味は何であろうとお考えになることでしょう。

それは、文化の学習目的というよりは、むしろ言語の習得目的であると言えるかと思います。

すなわち、日本語(母語)の歌を英語で歌った場合、子どもたちの頭の中で、歌のコンセプトがより明確にイメージできる、という利点があるということが指摘できると思います。

ひいては、リリック(歌詞)をボキャブラリーとして習得しようというねらいもあります。

今週末、YPKの第1回卒園式では、園児全員で "Nagori yuki"(なごり雪)を歌い、卒園児さんたちをお送りする予定です。

ちょっと大人な(?)歌詞ですが、ロンパーさんの中にはすでに覚えてしまった子も!当日は、式に参列くださるご父兄にも、一緒に歌っていただこうと思っております。

日本語の時にはない「新鮮さ」も、感じていただけるのではないかと思います。
by ysdirector2005 | 2008-03-12 19:26 | ワイズイマージョン研究所
<< YPKの新しいスクールバス YPK The 3rd Ann... >>

More YPK Blogs
カテゴリ
タグ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧